市販の水素水|コンビニ・ドラッグストア・スーパーの口コミ効果は?

市販の水素水|コンビニ・ドラッグストア・スーパーの口コミ効果は?

bihada

 

最近は、コンビニやドラッグストアやスーパーやドン・キホーテでも水素水が販売されているのをよく見かけます。

 

私、個人の感想ですが、結論から言うと、こういった市販の水素水はおすすめしません。

 

なぜか?

 

おすすめしない3つのポイントをお話します。

 

 

水素が既に、抜けている可能性が高い

 

まず、一番大切なおすすめしないポイントとしては「水素が抜けている可能性が高い」ってことです。

 

水素が抜けていたら、ただの水です。

 

水素水とは水に水素が混じっている状態を指します。塩水だったら塩、砂糖水だったら砂糖、水素水だったら水素です。

 

塩や砂糖と水素の違いは水素が宇宙で一番小さい分子ってことです。

 

水素水が発売され始めた当時は、水素水の容器がペットボトルのものもありましたが、購入して実際に飲む時には水素が入っていない状況でした。

 

ペットボトルの水素水の測定結果は「0ppm」でした。つまり水素がまったく入っていない状況です。

 

bihada

 

この写真は、当時知られていた水素水の水素濃度を測定した結果です。

 

雑誌の「週刊文春」と水素水を研究している太田教授とで測定した結果です。

 

ちなみに太田教授は水素の研究をしていて、その論文が2007年にネイチャーメディシンに掲載され、水素の身体への効果を世界に広めている方です。

 

TVでもその活躍を見ることができます。

 

 

話を戻します。

 

水素は宇宙で一番小さい分子なので容器をすり抜けてしまいます。

 

なのでアルミパウチで販売されていることが多いのです。アルミパウチだと水素が抜けにくくなるのですが、それでも「抜けにくく」なるだけで、絶対に抜けないわけではありません。

 

人気の水素水を販売されている会社は、皆様の手に渡った時に、確実に水素が入っている状態で飲んでもらうために、生産後すぐに出荷している会社が多くあります。

 

 

浸みわたる水素水

bihada

 

 

高濃度水素水ビガーブライトEX

bihada

 

 

人気の水素水を販売している会社は、ここまで生産直後に出荷することを意識しているのです。

 

それに対して市販のコンビニやドラッグストアやスーパーやドン・キホーテで販売されている水素水は、メーカーから店舗に届いた時点で上記購入方法より時間が掛かっている可能性が高いです。

 

なにより、その後、店舗に並んで何日も置きっぱなしです。

 

これは、水素がすでに抜けてしまっている可能性が非常に高いと誰もが思うのも当たり前ですし、私も強くそう思います。

 

そんな、水素水を飲んだかたの口コミは「水素水は効果がない」「インチキで詐欺だ」となります。

 

それは、私も納得です。

 

 

市販の水素水は価格が高い

 

1つ目のポイントが私の中では、市販の水素水をおすすめしない一番大きな理由ですが、その次に言えることが、「市販の水素水は価格が高い」ってことです。

 

まずは、この棒グラフを見てください。

 

 

通販で人気の水素水「低価格順」

bihada

 

 

通販で人気の水素水「コスパが良い順」

bihada

 

これは通販で人気の水素水をピックアップして「低価格順」と「コスパが良い順」に並べたものです。

 

価格もコスパも共に一番良いのは、私も定期購入で愛飲しているクオシアの「セブンウォーター」と言う水素水です。(棒グラフの一番左)

 

セブンウォーターは、水素水スターターセットでの販売なので従来のアルミパウチ水素水と違い、飲む前に作ることにより、水素水の唯一のデメリットである水素が抜けやすいってポイントをカバーしている高濃度水素水です。

 

ちなみに、通販で人気の水素水を「高濃度順」に並べた棒グラフがこちらです。

 

 

通販で人気の水素水「高濃度順」

bihada

 

この点でもセブンウォーターは断トツで一番なので、私はおすすめしていますし、個人的に効果も体感しています。セブンウォーターについては、下記に飲み続けて思った口コミや効果を紹介しています。

 

⇒セブンウォーターの3秒でわかるメリットと3つのデメリット

 

ちなみに、常に上位に位置している「水素水7.0」という水素水は、先ほどの週刊文春で太田教授も高濃度と測定している「水素水5.0」という商品です。商品名が現在は「水素水7.0」になりました。

 

⇒水素水7.0の購入してから気づいたメリットとデメリット

 

 

話を戻します。

 

 

こちらは、この記事のトップ画像と同じものですが、再度見てください。

 

bihada

 

左側の「水素水のチカラ」は容量が300mlで価格が240円です。

 

上のコスパの棒グラフの金額はすべて500mlあたりの価格で表示しているので、「水素水のチカラ」のコスパは100mlで80円なので、500mlだと400円ってことになります。

 

右側の「ナノ水素水アクティ」は容量が550mlで価格が360円です。コスパは100mlで65円なので、500mlだと325円です。

 

bihada

 

この表を元にして言うと、「水素水のチカラ」のコスパは400円なのでトラストとクリスタルの間です。「ナノ水素水アクティ」のコスパは360円なのでASOと同じです。

 

半分より後ろに位置し、決して安い水素水ではないのです。その上なによりポイント1でお話した通りで水素が抜けている可能性が非常に高いにも関わらず、この価格なのです。

 

これが、私が市販の水素水をおすすめしない2つ目のポイントです。

 

 

市販の水素水は継続することが難しい

 

1つ目のおすすめしないポイントが「水素が抜けている可能性が高い」

 

2つ目のおすすめしないポイントが「価格が高い」

 

そして、今回の3つ目のおすすめしないポイントが「継続しにくい」ってことです。

 

まず、大前提で水素水は一回飲んだだけでも効果を感じることができる人もいますが、基本的には継続していただくほうがその効果を体感できると言われています。

 

“Q.
どのくらいの期間飲み続けれいいのですか?また、いくら飲んでも大丈夫ですか?“

 

“A.
期間としては、2ヶ月飲み続けて体質が変わったという方が多いです。病気がある方は毎日飲むといいでしょう。個人差と病気の種類にもよりますが、少しずつ数値が良くなると思います。

 

年をとるごとに身体には活性酸素の発生が多くなるので、40歳以降は無理のない量を飲み続けると健康維持に良いかもしれません。

 

いくら飲んでも水素は体内に蓄積しないので、大丈夫です。“

 

bihada

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

市販の水素水は価格が高いので、継続しにくいって意味もありますが、それ以上に毎日買いにいくのは非常に面倒臭いです。

 

ネット通販で販売されている水素水の場合だと、定期購入が基本です。

 

定期購入とは大体が1ヶ月分の量で販売していて、しかも翌月からは何もしなくても届くようにしてくれているシステムです。

 

私は、セブンウォーターの定期購入をしています。

 

最初に購入手続きを一回してからは放置していても毎月届きますので、とても楽です。
(私は、毎月30日分のプランから、毎月60日分のプランに変更したので、購入後に手続きをしていますが、プラン変更がなければ購入後はなにもしなくて大丈夫です。)

 

それに、セブンウォーターの場合は定期購入にして、すぐに解約しても違約金や追加料金は一切かかりませんし、解約も電話かWEBからすぐにできるので安心です。
※その他の水素水については解約手数料や違約金がないかはわかりませんが、基本的にはないと思います。購入前には確認しましょう。

 

水素水は、継続することによりその効果を体感しやすくなると言われているので、毎日店舗で購入するよりも、自動で届く通販での購入を私は推奨します。

 

これが、私が市販の水素水をおすすめしない3つ目のポイントです。

 

コンビニなどの市販の水素水をおすすめしない3つのポイントまとめ

bihada

 

市販の水素水をおすすめしない3つのポイントについてまとめます。

 

ポイント1では、水素は抜けやすいのでコンビニやドラッグストアで常に在庫として抱えている状況にある水素水を購入して、果たして水素がまだ入っているのかが疑問であることをお話いたしました。

 

ポイント2では、水素が抜けている可能性が高い水素水なのに、新鮮な状態で飲めるネット通販の水素水と比べて価格が高く、コスパも悪ことについてお話しました。

 

ポイント3では、水素水は基本的に継続して飲むことにより、その効果を体感しやすいと言われていることについてお話しました。ネット通販では定期購入というシステムで安く、その上楽に水素水を購入できるので継続しやすいのです。

 

こういったポイントを元に、それ以外の色々な理由により私はセブンウォーターを選びました。

 

しかし、それ以外にも人気の水素水はたくさんありますので、自分の大切にしたいポイントから水素水を選べるように、人気の水素水を比較しランキングしました。

 

このランキングは、個人的な見解を抜きにした、良くも悪くも世間の情報を元に順位付けしたものです。

 

ランキング、順位付けの要素としては、下記5つの部門をそれぞれ相対的に見て採点をしました。

 

「水素濃度(高濃度)」

「価格(低価格)」

「コスパ(良い)」

「知名度(がある)」

「売れ筋・人気(がある)」

 

どのような採点方法なのかについても、詳しく後半でお話しております。そこも含めて、あなたに合った水素水を探すための情報としていただければ幸いです。

 

⇒水素水比較ランキング|口コミ×評判×価格×人気×高濃度!

 

まずは、お試し価格で少量の水素水を購入したい人向けはこちら。

 

⇒お試し価格の水素水比較ランキング!通販でおすすめTOP5!