水素水の効果って?そのメカニズムと副作用について|すいそのれぽーと

水素水の効果って?そのメカニズムと副作用について

bihada

水素水は「インチキで詐欺」実際の効果はズバリ!でもお話しましたが、「奇跡の水」は「水素」が多く入っていた「水」でした。

 

では水素水はなぜ身体に良いのでしょうか?

 

それは水素が体内の活性酸素を還元して水にしてくれるからです。

 

活性酸素は大きく分けて2種類あり、善玉活性酸素と悪玉活性酸素とあります。善玉活性酸素は呼吸や食事などで体内に入ってきた細菌やウィルスを溶かしてくれる人間が生きていくのに必要な活性酸素です。

 

それに対して悪玉活性酸素は老化の原因といわれていたり、病気の90%は悪玉活性酸素が関係しているとも言われています。

 

水素はこの悪玉活性酸素にだけ作用するので今大きく取り上げられています。身体に必要な善玉活性酸素には作用せず、身体に悪影響を起こす悪玉活性酸素だけを還元して水にし体外へ排出されます。

 

これにより身体に害のある悪玉活性酸素が体内にない状態になり、人間本来の力である自然治癒力が働きやすくなり身体のいたるところを修復してくれることが水素の効果のメカニズムです。

 

水素に副作用はあるのか?子供でも老人でも平気?

では次に、「副作用はないのか?」「子供でも老人でも大丈夫なのか?」といった質問も多くあります。今まで知られていなかったジャンルで身体に良いと噂されるものは、その逆の可能性はないのか気になるのが普通だと思います。

 

そこでお伝えしたいこととしては、「水素はただの気体です」ってこと。

 

bihada

水素水は「インチキで詐欺」実際の効果はズバリ!でもお伝えしました。

 

水素は「薬として認可されていない」と言うとニセモノのように聞こえますが、「薬ではなくただの気体」って考えるとこの点は凄くすっきりする思います。

 

ただの気体なので副作用もなく、子供でも老人でも大丈夫です。ただの気体ですので。

 

それに水素は宇宙で1番小さい分子なので今までの抗酸化物質であるビタミンCやコエンザイムQ10が通れなかった身体の細胞の奥まで水素はたどり着けるのです。これにより脳にもたどり着けるのです。実際、私は気持ちが前向きにもなりました。

 

水素の小ささについてですが、「地球>ピンポン玉」この大きさの比率はかなり違いますよね?地球よりピンポン玉のがはるかに小さいです。この大きさの違いの比率をそのままで、水素の小ささを表すと「ピンポン玉>水素」となるのです。地球とピンポン玉の大きさの違いと同じくらいピンポン玉と水素の大きさは違うのです。

 

水素は果てしなく小さいのです。

 

そのため、摂取しすぎる心配がないといった利点もあります。体内に摂取された不必要な水素はその小ささの利点を生かし、自然に身体から抜けていくのです。

 

水素は身体に害のある悪玉活性酸素を還元して、その結果いつもより自然治癒力が活性化されて身体に良い効果が発揮されます。

 

なので、基本的には「悪いところをなくしているだけ」です。良くなる効果はほとんど自然治癒力なので、「害されていない本来の自分に戻る」と考えていただくのが一番分かりやすいかと思います。

 

 

■次回の「すいそのれぽーと」

水素水の「本物」と「偽物」効果が期待できる水素水の見分け方は?