水素水7.0vsセブンウォーター|同梱物の違いについて

水素水7.0vsセブンウォーター|同梱物の違いについて

水素水7.0とセブンウォーターは共に7.0ppmの高濃度水素水です。購入すると、水素発生剤をペットボトルに入れて自宅で簡単に水素水をつくれるスターターキットが届きます。

 

類似商品ですが同梱物に若干の違いがありますのでここで紹介したいと思います。

 

アキュエラ|水素水7.0

クオシア|セブンウォーター

 

 

超過飽和水素発生剤×30包

超過飽和水素発生剤×30包

溶存水素濃度判定試薬×1個

溶存水素濃度判定試薬×1個

ペットボトル×2個

ペットボトル×2個

キャップ×2個

キャップ×2個

スポイト×2個

×

カプセル×2個

×

 

水素水7.0とセブンウォーターの同梱物の違い

bihada

水素水7.0とセブンウォーターの同梱物の違いは、ケース・カプセル・スポイトが水素水7.0には入っている点です。

 

アキュエラの水素水7.0には、水素水をつくるときに水素発生剤をカプセルに入れ、そのカプセルに水滴を垂らすためのスポイトとして同梱されています。

 

セブンウォーターは水素発生剤をそのまま入れるのでケース・カプセル・スポイトがついていないのです。

 

bihada

詳しくは、

水素水7.0vsセブンウォーター|水素水の作り方の違いについての記事で紹介しています。

 

同梱物の違いとしては、写真にあるカプセルとスポイトと水素発生剤を折りたたんで入れるためのケースです。

 

この3つが水素水7.0には入っていて、セブンウォーターには入っていないのです。

 

両方とも作り方は簡単ですが、このこともありセブンウォーターの方が作り方はシンプルで簡単です。

 

水素水7.0とセブンウォーターの同梱物に両方に入っているもの

bihada

水素水7.0とセブンウォーターの同梱物に両方に入っているものについて簡単にお話します。

 

まずは、耐圧ペットボトルとキャップ。これは、水素を発生させたときの圧力に耐えれる専用のペットボトルです。

 

耐圧ペットボトルとされていますがコンビニなどで販売されている炭酸水や炭酸のジュースのペットボトルで代用も可能です。(クオシアに電話して確認しました)

 

次に、水素発生剤はペットボトルに水を入れた後に入れるものです。500mlの水に対して1本使います。その後水素が水に溶けて発生します。

 

bihada

最後に、溶存水素濃度判定試薬ですが、これは青い液で水素が入っている液体に垂らすと青から透明に色が変わります。

 

1滴垂らして透明になれば水素濃度が0.1ppmあると判定できるので10滴垂らしてもその水素水が透明であれば1.0 ppmと判断ができます。

 

余談ですが指につくと中々落ちないです。でも、そんなときは水素水で拭きましょう。

 

アルミパウチ水素水を購入したとしても、溶存水素濃度判定試薬はついてきませんのでこの点だけでもこの2つの水素水を購入するメリットはあります。

 

ちなみにこの溶存水素濃度判定試薬ですが、単品で買うと意外にします。
⇒溶存水素濃度判定試薬の価格

 

今回は、アキュエラの水素水7.0とクオシアのセブンウォーターの水素水スターターキット同梱物の違いについてお話させていただきました。

 

水素水7.0とセブンウォーターの「違いまるわかり表」

商品名

アキュエラ|水素水7.0

クオシア|7Water

パッケージ

 

公式サイト

アキュエラ公式サイト

クオシア公式サイト

通常価格

9,800円|500ml×30本

6,900円|500ml×30本

通常コスパ

326円|500mlあたり

230円|500mlあたり

初回価格

6,800円|500ml×30本

5,600円|500ml×30本

初回コスパ

227円|500mlあたり

187円|500mlあたり

定期価格

6,900円|500ml×30本

5,400円|500ml×30本

定期コスパ

230円|500mlあたり

180円|500mlあたり

水素濃度

5.0ppm〜7.0ppm

5.0ppm〜7.0ppm

水素発生時間

10分〜24時間

12時間〜24時間

支払い方法

代金引換

 

クレジットカード

(VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS)

代金引換

 

NP後払い

(コンビニ支払い、銀行振込、郵便振替)

 

クレジットカード

(VISA・MASTER・JCB・AMERICAN EXPRESS・DINERS)

同梱物

超過飽和水素発生剤×30包

溶存水素濃度判定試薬×1個

専用耐圧ペットボトル×2個

スポイト×2個

カプセル×2個

キャップ×2個

超過飽和水素発生剤×30包

溶存水素濃度判定試薬×1個

専用耐圧ペットボトル×2個

キャップ×2個

 

 

 

■次の「すいそのれぽーと」

水素水7.0とセブンウォーター|水素水のつくり方の違いについて

 

■さらに詳しく!水素水7.0についての「すいそのれぽーと」

アキュエラ水素水7.0口コミ|購入前に気づけないメリット・デメリット

 

■さらに詳しく!セブンウォーターについての「すいそのれぽーと」

水素水セブンウォーター口コミ|購入前に気づけない3つのデメリット