水素水 健康食品 国立健康栄養研究所

水素水が国立健康栄養研究所の健康食品のデータベースに!

hatena

 

国立健康栄養研究所の「健康食品」の素材情報データベースに水素水がとりあげられ、マスコミでも紹介されました!

 

このことで日本医科大学の太田教授も所長含め2時間程話してきたってことでした。

 

マスコミから発表があった文面だけを見ているとまたさらにネガティブになりそうですね 笑

 

そういったことについて教授の意見を紹介していきたいと思います!

 

水素水は「信頼できる十分なデータが見当たらない。」

hatena

色々なサイトでこのことについて触れていますので、個人的な視点でここではお伝えしたいと思います。

 

まず、私の感想としては、この一連の流れは「嘘ではないけど、真実ではない」ってイメージを持ちました。

 

親切に、消費者の行動まで計算した上で色々と掲載してくれているって感じですね!

 

どういったことかと言うと、まず。

 

「信頼できる十分なデータが見当たらない。」というのは、このデータベースでの常套句ですので、特に水素水に関してだけデータがないというわけではありません。

 

すでに信頼できる十分なデータがあるなら、研究する必要はないわけですから、納得できる表現です。

 

参考サイト:太田成男のちょっと一言

 

言葉通りだと思います。

 

しかし、「信頼できる十分なデータが見当たらない。」って言うと、メディアは「水素水はやっぱり効果なしだった。。。」みたいに報道しますよね。

 

人間はネガティブな方のが強く感じます。確か2.3倍ぐらい強く感じるらしいです。女性は2.8倍だったかな。

 

それに今は水素水のネガティブ祭りが、サイトのアクセス数をゲットしたりできるので、面白おかしく乗っかっているサイトも多いですね。

 

ちなみに、こういったことを太田教授は、国立健康栄養研究所の方に伝えたそうです。

 

「マスコミとは太田先生が喧嘩してください、当研究所は関与しません」

 

それについての回答は、

 

「マスコミとは太田先生が喧嘩してください、当研究所は関与しません」

 

だったそうです。

 

勝手に思っていることですが、太田教授は研究者なので恐らく研究だけに気持ちを集中して没頭したいでしょう。(いや、本当に私個人の勝手な思いです)

 

そんな中、「マスコミとは太田先生が喧嘩してください」って。。

 

喧嘩よりも、研究をしていただきたいですね。

 

結局いいものはいいので、研究してそれで分かったことで人々が少しでも助かればって思います。

 

100%じゃないから安全と言えない。99%安全でも「安全じゃない」と言う!?

 

国立健康栄養研究所は、安全性についての、「信頼できる十分な情報が見当たらない。」としているので太田教授はいくつか安全性に関するデータを提出されたそうです。

 

しかし、回答は

 

「それは水素のことで水素水ではない」ってことだったらしいのです。

 

その後のやり取りは引用させていただいた方が伝わりやすそうなので引用します。

 

水が安全で、水素も安全で、お互いに反応しないのだから、水素水も安全だと言ってもよいのではないか?」(太田)

 

との問いには、

 

水は安全だとしても、一般の方はせいぜい2リットルくらいしか水は飲まない。しかし、水素水が健康にいいと思うと、4リットルも5リットルも飲もうとする人がでてくる。多くの被験者で水素水4リットルを何日も飲んで安全だというデータがない限り、安全だとは言えない。

 

との答えでした。

 

参考サイト:太田成男のちょっと一言

 

なんか、消費者を守ってくれようと必死にしてくれているっていうより、責任を負いたくないってイメージですね。

 

別に悪く言っているわけではないのですが、救われる可能性より、リスクないものを選んでいるっていうか。んまーそれが妥当なんでしょうけど。

 

厳しい世界ですね。

 

でも、この回答って水素水っていうよりも、身体に良いっていったらバカみたいに沢山飲み出す人がいるから、それは言えないってイメージですよね。

 

もしも、尋常じゃなく飲み過ぎて体調崩すならそれは個人の責任ですし、個人が人のせいにばかりしている社会だから、良いものもリスクの計算ばかりされて闇に葬られているってイメージを個人的に持ちました。

 

お酒を飲み過ぎて、倒れたらそれは個人の責任です。

 

居酒屋のせいじゃないと思います。

 

居酒屋が、「お客様はもう5杯以上飲まれているのでお酒は出せません〜。」なんてことないですよね?笑

 

どちらにせよ、この会話は量についての話にすり替わっていたいたので、太田教授は更にこのようにお話されたそうです。

 

水の安全性については、

 

水素水の製造工場では、食品工場として保健所が立ち入り、水の安全性を担保しているのだから、水素水の水自体の安全性については担保してもよいのではないか?」(太田)

 

の問いには、

 

日本で流通している水素水を製造している工場を100%リストアップして所轄の保健所を100%リストアップして、そのすべての保健所から、使っている水は安全だと言うリポートをいただければ納得します。

 

という答えで、

 

もし、ひとつでも保健所の目をすり抜けて、安全でない水を使っている工場が一つでもあれば、水素水に使っている水も安全とは言えない。

 

という立場でした。

 

参考サイト:太田成男のちょっと一言

 

なんだか、結局、みんなが人の為にいいことをしていかないと、いいことって循環していかない世の中なんですね。

 

私は個人的にセブンウォーターって水素水の効果は体感できていますので、なんだか残念な話がまた一つ増えたって印象が素直な感想でした!

 

セブンウォーターの場合は、自分で水素水を作るタイプなので、水の安全性は自分で買ってきた水で作れるので心配ないかと思います!

 

 

hatena

 

 

セブンウォーター購入後の「水素水の作り方」や「飲んだ感想」についてはこちら!

 

 

hatena