水素スティック 危険 副作用

水素スティックは危険!?食品ではなく雑貨扱いされている!

hatena

 

水素スティックはおすすめしません。

 

そのことについてお話していきます。

 

水素水は結構値段が高いって話が出たりしますが、そんな中割りと低価格に購入できて、何度も使用ができてコスパが良いとされている水素スティック。

 

どこの会社が販売している水素スティックはダメ!とかそういった話ではありません。

 

水素スティックとはプラスチックのケースに入っている筒状のものです。
(知らない場合は「水素スティック」でネット検索してみてください。)

 

たまに、セブンウォーターなどの水素発生剤と混合されている方もいらっしゃいますのでご注意ください!

 

なぜ?水素スティックはおすすめできないのか?

hatena

 

タイトルにも記載しましたが、水素スティックは「雑貨」扱いになるんです。

 

これがどういう意味かというと「食品衛生法」をおもいっきり無視しているってことです。

 

つまり、水素スティックで水素水を作り、それを飲んだ結果なにか起きたとしても元々「食品衛生法」関係なしの「雑貨」だからしょうがないよね。ってことです。

 

実際、私個人的には水素スティックで水素水を作って飲んで、病院に運ばれたなんて人は聞いたことはありません。

 

でも、人が口にすることを目的に購入したもの(水素スティック)が「雑貨」扱いだなんて、なんか納得できないですよね。

 

そういったことで、私は水素スティックはおすすめしていません!

 

水素スティックと水素発生剤は別物です!

hatena

 

水素スティックは雑貨。

 

では、セブンウォーターなどの水素発生剤はどうなんでしょうか?

 

セブンウォーターや水素水7.0の水素発生剤は「食品添加物」として厚生労働省に認定されているものです。

 

そして、この水素発生剤の製造元はMiZ(ミズ)株式会社で、こちらの会社は副作用のない医療用物質としての水素分子にかかわる研究開発を行っている会社です。

 

その上、セブンウォーターの場合は、水素発生剤を使用して水素水を作った前後で水質に変化があるかどうかも、専門の検査機関で確認済みなので安心ですね!

 

hatena

 

私も何年もセブンウォーターを飲み続けていますが、身体に異変があったなんてことは一回もありませんので、生きた検査機関です!笑

 

セブンウォーターは高濃度な水素水が低価格で飲むことができるので本当におすすめですね!

 

ちゃんとした会社が作っている水素発生剤の上に、別の検査機関にまで調べてもらっているので!

 

私にとっては、大したデメリットではありませんでしたが、人によってはセブンウォーターのデメリットと感じてしまうことをまとめておきましたので、興味があるかたは見てみてください!

 

 

hatena

 

 

セブンウォーター購入後の「水素水の作り方」や「飲んだ感想」についてはこちら!

 

 

hatena